琉球易学を学べる唯一の鑑定士養成学校

あらゆる体験をし自分という存在の意味を探し求めてみませんか?

SMC文化カレッジでは沖縄古来の琉球易を学べます。

琉球易入門クラス

入門クラスは将来の有無を決める大事な時期でもあります。 中身は、主護神と守護神、主護霊と守護霊などのお役目の違い、兄弟(えと)と 十二支(じゅうにし)との違いをしっかり理解して頂きます。 次ぎに、「琉球易」の基本である九方位盤のそれぞれの方位の内容を理解しながら、 主護神との対話を学びます。 オリジナルの教材を中心にした天界の神々の存在や、役割など学ぶと同時に、 九方位のイメージの作り方のトレーニングを行います。

琉球易中級クラス

中級クラスは作法がメインの勉強です。 入門編で学んだ基礎を土台に、受け取ったメッセージ対処方法を学びます。 その為に、神々への申請祈願する道具である申請書や沖縄線香(紅白帯)の本数や 処理担当の神々のお役目を覚えます。 そして、最初の実践祈願は、自宅への神々(14神)を降臨させます。 その後は、九方位のメッセージを確認しながら、処理祈願のメッセージが出れば 祈願して処理します。 その結果、処理後の変化がどう変わったかを体感して頂きます。

琉球易上級クラス

上級クラスは総合学習が勉強です。 入門編と中級クラスで学んだ基礎を土台に、総合学習の一環として一番近い他人である、 家族の諸々の処理を実際に処理祈願の実践を行います。 それらを平行しながら、学業を終了か終業のどちらかに進みます。 その段階で課題が降臨します。それらは実際に問題を紐解く方法などを指導させて 頂きます。


SMC文化カレッジとは


私たちが生きている証である身体。 この世に生を受け、死にゆくまで、私が私であることを表していくこの身体。 日頃、当然のように呼吸し、鼓動している身体。 ふと考えてみると、不思議が沢山詰まっている。生きているのは、心臓が鼓動しているから・・・身体が動くのは、脳が伝達を促すから・・・。 それは私たち一人一人がこの身体と共に生きようという意思があるからです。 では、その生きようとしている自分はどこから来るのでしょう?思いや願いを抱き、生きゆく意思を生み出す存在はなんでしょう? その存在を私たちは『魂』と呼んでいます。

*********************************************************************************

SMC文化カレッジでは沖縄古来の琉球易を学べます。


琉球易九気学では、自分自身を中心に取り巻いている宇宙を九カ所からのエネルギーの変化で把握することができ、 古来から自分の知りたい事、あるいは未来の出来事等を方位を利用して受け取る方法があります。それぞれの方位に託されたメッセージを学びましょう。

〒902-0071 沖縄県那覇市繁多川2丁目1-50-1F 営業時間:10:30〜20:00 年中無休



受講クラス案内


この世で生命を宿した時に、誰もが内なる神=魂に繋がり母体で育って生きます。 そして母体を離れ【おぎゃ〜〜】と発声した瞬間に外なる神=主護神、両親の繋がりである主護霊の支援を受けて成長しています。 しかし最近では自分がどの神の支援を頂いているのかすら知らず、支援や応援を受け損ねている方々が多いです。 我が校SMC文化カレッジでは、その大事なお役目の神々を理解し、どの兄弟(えと)の神に繋がっているのか? その兄弟(えと)の神の特徴や人生の羅針盤である【琉球易】の基礎を学びます。 その入り口として、主護神と守護神、主護霊と守護霊のお役目の違い、兄弟(えと)と十二支(じゅうにし)との違いをしっかり理解して頂きます。 その次に、それぞれ与えられた宿題や課題の内容を把握し、学ぶ上で差し支えのあるそれらを処理を行います。(勿論処理料金(祈願の諸経費)が発生しますのでご理解下さい)。

入門クラス(二ヶ月)



入門クラスは将来の有無を決める大事な時期でもあります。 中身は、主護神と守護神、主護霊と守護霊などのお役目の違い、兄弟(えと)と 十二支(じゅうにし)との違いをしっかり理解して頂きます。 次ぎに、「琉球易」の基本である九方位盤のそれぞれの方位の内容を理解しながら、 主護神との対話を学びます。 オリジナルの教材を中心にした天界の神々の存在や、役割など学ぶと同時に、 九方位のイメージの作り方のトレーニングを行います。

中級クラス(二ヶ月)



中級クラスは作法がメインの勉強です。 入門編で学んだ基礎を土台に、受け取ったメッセージ対処方法を学びます。 その為に、神々への申請祈願する道具である申請書や沖縄線香(紅白帯)の本数や 処理担当の神々のお役目を覚えます。 そして、最初の実践祈願は、自宅への神々(14神)を降臨させます。 その後は、九方位のメッセージを確認しながら、処理祈願のメッセージが出れば 祈願して処理します。 その結果、処理後の変化がどう変わったかを体感して頂きます。

上級クラス(二ヶ月)



上級クラスは総合学習が勉強です。 入門編と中級クラスで学んだ基礎を土台に、総合学習の一環として一番近い他人である、 家族の諸々の処理を実際に処理祈願の実践を行います。 それらを平行しながら、学業を終了か終業のどちらかに進みます。 その段階で課題が降臨します。それらは実際に問題を紐解く方法などを指導させて 頂きます。

受講料



1.グループ
1ヶ月教材費も含めて20,000円です。
1ヶ月何回受講しても料金は変わりません。(詳細を綴った教材は有料となります。)尚、2ヶ月目の実践祈願の処理が降臨した場合は、 内容により異なりますが、神々の鎮座している場所でしか処理できないことがあります。

2.グループ
神々からの宿題や課題の5つの処理を終えた方々は、1回につき1,000円をご奉納させていただいております。 1000円は飲食代と場代と思ってくださいませ。尚、2ヶ月目の実践祈願は5つの処理が終わった段階でSMC文化カレッジ本部の神々と繋がるため、神々の鎮座している場所へは出向かず全てSMC文化カレッジ本部で行います。

受講鑑定相談料金



通常のご相談は、1件につき、30分で1,000円ですが、5つの処理を終えた受講生の場合は、神々との繋がりや、環境の判断をするので、3時間ほどで5,000円の相談料をいただいております。

万が一神々とのズレが生じた場合は、再度処理祈願を行いますが、費用はいただきません。但し、ズレ調整の処理祈願は1回のみとさせていただきます。くれぐれも傘下から外れるような行為はご注意くださいませ。

受講やご相談は全て予約制になっていますので、前日までにご予約お願いします。



琉球易鑑定士紹介





************

************************************************************************


************

************************************************************************


************

************************************************************************


************

************************************************************************

九方位

九方位の白書

気学では自分自身を中心に取り巻いてる宇宙を九箇所からのエネルギーの変化で把握することができます。

古来からの主護神を通じ、自分の知りたいこと、あるいは神々からのメッセージや、仏眼仏母から、未来の出来事等を方位を利用して受け取る方法があります。



************************************************************************


************************************************************************



ヒーリングアイテム




オーダーメイドのブレス
Take a Look
マブヤブレス
Take a Look
オーダーメイドのお守り
Take a Look


************************************************************************


************************************************************************



琉心館&主和支緒会のブログ





主和支緒会のブログ

易鑑定士の先生方が身の回りに興っている出来事や、旬の話題、食材や健康に関する話題を当番制でアップしています。

主和支緒のユンタ

Take a Look


Kony Blog

SMC文化カレッジの校長が心から語るブログです。琉心館(りゅうじんかん)は、琉球古来の教えを紐解きながら日々の悩みを天界の神々を通して解決するお手伝いをしています。

琉心館の扉

Take a Look




お問い合わせ




SMC文化カレッジ

沖縄県那覇市繁多川2丁目1-50-1F
098-835-3772
10:30〜20:00 年中無休
@smcokinawa
kony.okinawa

お名前
電話番号(半角)
Email(半角)
お問合わせ内容

 

Produced by 琉心館

Copyright © konyokinawa.com. All rights reserved.